Enemal
乾電池 / 2012

絶滅危惧動物たちに見立てたニッケル水素電池。 日常生活の最も身近なエネルギー源である電池と、遠い場所で起きている動物たちの絶滅の危機を結びつける。 ニッケル水素電池の登場により電池の使用期間が飛躍的に長期化したことに対し、愛着を持って大切に使える電池を考案した。

It is a Rechargeable battery that was likened to endangered animal. Against period of using battery was prolonged rapidly, Recent years, “cuteness” was added to the design so that it can be used to have the attachment.

Enemal1
Enemal2