Draw
小皿 / 2013

家具などを作った際に出る端材の、木目の美しい箇所にフリーハンドで皿の外形を描く。それをスキャンした後パスデータ化し、CNCで切削してできた小皿。この一連のプロセスをプログラム化することで素材と時間の無駄を省く。 小皿単体のデザインではなく、デジタルデータ/機器を用いることで効率的にワンオフの製品を作るシステムをデザインしている。

Draw a free outline of the dish to an end material of furniture. Path into data after scanning it, and a small dish could cut with CNC will be made. We are designing a system to create a one-off product effectively by using digital data and equipment not to design a small dish.

draw1
draw2